クレジットカード審査を通してキャッシングする方法

クレジットカードでキャッシングする方法

お金が必要な時、クレジットカードでキャッシングする方法には2つあります

ほとんどの方が1枚は持っていて、提供している会社を選べば、発行も簡単なのがクレジットカードです。
それを使ってお金を借りる方法には2つあります。
その一つは、もっともポピュラーな方法で、キャッシング枠機能を利用してお金を借りるという方法です。


クレジットカードが持っている機能には、ショッピング枠とキャッシング枠があります。
カードの申込時に、キャッシング枠を不要と申し込まない限り、いつのまにか付いていることが多いのではないでしょうか。
最近は、いくら利用したか自分自身で選べるカードが多くなりましたが、申し込んだとしても申し込んだ金額で設定されるとは限りません。
審査によって、限度額が決められるからです。


それでも、申込時に不要としない限り、いくらかのキャッシング枠が設定されているのが普通なのではないでしょうか。
このキャッシング枠を使ってお金を借りるのはとても簡単です。
銀行やコンビニの提携ATMに、カードを挿入し、暗証番号を入力、借りたい金額を指定すればお金を借りることができます。


もう一つのお金を借りる方法は、ショッピング枠を利用して現金を得るという方法です。
キャッシング枠を限度額まで使い切ってしまい、ショッピング枠を使えば買い物ができる場合なら、ショッピング枠の現金化でお金を借りることができます。
現金化をするには、自分で換金商品を購入して買取業者に売却するか、専門業者を通して現金化するという2つの方法があります。
説明を読むと面倒な気がするかもしれませんが、やってみるとそれほど面倒なものではありません。



すでにクレジットカードを持ってる方がクレカでお金を借りる方法とは

すでにクレジットカードを持っている方がキャッシングするには、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠を利用してお金を借ります。 お店でのお買い物やネットショップでの支払い、水道光熱費の支払いやスマホの支払いなど、主にショッピングなどの支払い方法の一種として利用されることが多いクレジットカードですが、クレジットカードでお金を借りることもできます。 クレジットカードの機能として、ショッピング機能とキャッシング機能があり、多くの方が当たり前のようにショッピング機能を利用していますが、 クレジットカードの特徴としてもうひとつ便利なサービスがキャッシング機能なのです。 こちらでは、クレジットカードでキャッシングできるクレカキャッシング枠について説明していきます。


クレジットカードのキャッシング機能とは

お金を借りるとなるとカードローンを思い浮かべられる方も多いかと思いますが、クレジットカードでキャッシングをすることができます。 多くの場合で、クレジットカード申込時点でショッピング枠とキャッシング枠それぞれで利用限度額が設けられているので、日々の生活のなかで「クレジットカードでお金を借りることができるのかな?」と思ったときには、お手持ちのクレカの利用条件を確認してみると良いでしょう。 また、こちらのクレカのキャッシング枠は、あとから増やすことも可能です。 お金を借りる前に、事前に利用可能枠の設定が必要で、その利用可能枠の範囲内でお金を借りることになります。

また、「クレジットカードのショッピング枠を現金にする」クレジットカードの現金化(キャッシュバック方式と買取屋方式)といった方法が存在するようですが、クレカ現金化は一般的ではなく、ブラックなイメージもあるため、安心してお金を借りたいと思っている方はオススメしません。


クレカキャッシング利用可能枠の設定方法とは

クレジットカード申込時点ですでにキャッシングの利用申し込みをしてあり、カードと一緒に同送されてくる利用案内書にて利用可能枠の設定がされている方(利用可能額が確認できる方)は、あらためて利用可能枠の設定をする必要はなく、そのままクレジットカードでキャッシングをすることができます。 クレジットカード受け取り時点で利用可能枠の設定がされていない方は、下記の方法でキャッシングが可能になります。


  • ・インターネットで申込
  • ・電話で申し込み
  • ・郵送で申込み

※借入希望額によって、収入証明書の提出が必要な場合があります
※旅行や仕事で海外に行かれることが多い方は、海外キャッシングも可能なカードが便利です
※キャッシングサービスの利用条件はクレジットカードごとに異なりますのでご利用の際にはお手持ちのクレカの借入条件をご確認ください


クレジットカードでお金を借りる方法とは

キャッシング枠が設定してあるクレジットカードなら、利用可能額の範囲内でお金を借りることができます。 具体的なキャッシング方法は、下記のとおりです。


  • ・インターネットか電話で借入手続き→口座への振込キャッシング
  • ・全国の金融機関やコンビニのCD、ATMでお金の引出し

クレカを持っていない方がクレジットカードでお金を借りる方法とは

クレジットカードを持っていない方が、クレカでお金を借りる場合には、まず、キャッシング可能なクレジットカードの申し込みする必要があります。 クレジットカードの種類によっては、申込み段階でキャッシング枠の設定ができるカードがあるので、クレカでお金を借りるという目的がはっきりしている場合には、あらかじめキャッシング可能なクレジットカードを申し込みしましょう。 クレジットカードごとにさまざまなサービスがあり、そのサービスはカードによって異なります。クレカ申込段階でキャッシング枠の設定(キャッシング・ローン利用可能枠の希望)ができるカードもありますので、キャッシング希望の際には、申込みと同時にキャッシングの申し込みも行うと時間短縮になるので、いますぐにクレジットカードでお金を借りるぞ!という方にも便利です。 なお、カード発行後にあらためてキャッシング枠の希望を出すと、お時間がかかりますのでご注意ください。

また、お金を借りたいという明確な目的があるのであれば、はじめからカードローンを申し込むという手もあります。 カードローンでお金を借りるというのが不安な方という方は、三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス、三菱UFJフィナンシャルグループのアコム、三井住友銀行グループのモビット、東証一部上場のアイフルなど、テレビCMでもおなじみの大手企業のカードローンなら安心してお金を借りることができます。


クレジットカードでお金を借りる流れとは

クレジットカードの利用申込
審査結果受け取り&カード発行
キャッシング利用可能枠の設定
借入

クレジットカードでお金を借りる流れは上記のとおりです。
クレカの申し込みをした際に、クレジットカードの審査には時間がかかりますので、通常ですとカード利用開始までには数週間かかりますが、即日発行可能なカードもありますので、クレカですぐにお金を借りたい方は、流れを確認して即日キャッシング可能なクレジットカードを選びましょう。


クレジットカード審査について

「まだクレジットカードを持っていないけれど、クレカで買い物もしたいしクレカでキャッシングもしたい」という方は、新規で即日発行可能なクレジットカードを作れば、便利に利用することができます。

ただ、クレジットカードに申し込みをすれば、100%必ずしもカードを作れるといったことではありません。 クレジットカードでお金を借りるには、キャッシング審査にとおらなければなりませんが、カードによって審査基準が異なりますので、審査に自信がない方は審査が甘いクレジットカードを申し込むと有利です。

なお、クレジットカード審査の方法は、スコアリング・システムと呼ばれる審査方式が採用されています。 すでにクレジットカード審査落ちをされている方は、これらの審査基準に引っかかってしまっていることが考えられますが、実際にクレジットカードの審査の基準は会社ごとに異なりますので、過去にクレジットカード審査落ちをしている方、審査に自信がない方、スムーズに審査を通りたい方などは、審査が甘いクレジットカードを選ぶと良いでしょう。


クレカ審査基準とは

クレジットカード新規申し込み段階でキャッシング枠の利用申し込みをしている場合、クレカ審査を行う際にキャッシング審査も行われていますが、これらの審査基準は主に下記のとおりとなります。

  • ・申し込み要件を満たしているかどうか
  • ・返済能力があるかどうか
  • ・過去の事故情報の有無

また、基本事項として、申し込みフォームへの入力や申込書への記入に不備があった場合には、当然、審査に影響が出ますので、空欄を作らずにしっかりと正しい情報で申し込みを行う必要があります。


携帯電話の支払状況は要チェック

ついうっかりと支払い忘れてしまいがちなのが、携帯電話の利用料金の支払いです。 口座引き落としになっていれば良いのですが、引き落とし日の段階で口座に残高がないと引き落としがされず、料金の支払いができない!なんてことも考えられます。 携帯の使用料といえば、さほど高額ではない金額なので、借金を踏み倒すのとは違って、罪悪感なく、うっかり忘れをしてしまいそうですが、この携帯電話料金の未払いや滞納などの支払情報が、信用情報機関に登録されているのです。 今まで、特にキャッシング利用履歴などもないのに、なぜかクレジットカードの審査に通らない!といったことがあったら、過去の携帯電話の支払い事故情報が残っているのかもしれません。


沢山あるからこそ自分に合ったクレジットカードの選び方

現代はキャッシュレス時代といわれていますが、色々な方法で決済ができるようになっていることは確かです。 その一つがクレジットカードです。 社会人ならば、クレジットカードを一枚持っていたほうが良いかもしれません。 余談ですが、アメリカ人は平均でクレジットカードを七枚持っているという統計データがあります。 さすがに日本はそこまで普及しているわけではありませんが、それでも社会人ならば、一人一枚くらいのカードを持っているものです。 様々な業者がカードを発行しているわけですが、選び方は色々とあります。 とりあえず現在の最も基本的な考え方としては、年会費、維持費が掛からないことです。 昔は年会費も維持費も掛かるようなカードばかりだったのですが、今では掛かるほうが珍しいくらいです。 それとリボ払いだけしかできないカードというものもありますから、注意することです。 リボ払いしかしない、というのであれば、それでもいいのですが、一回払いが最もお勧めできますから、出来れば一回払い、分割払い、リボ払いと自分で選ぶことができるようなカードを選ぶべきです。 最初の設定はリボ払いでも後から変更が可能なカードでもいいのですが、それはとても面倒です。 基本的には最初に申し込む段階で基本的には何払いにする、と自分で設定できるタイプのものを選ぶべきです。 カードの選び方の最も基本的なことはこの二つになります。 発行、維持の費用、支払い方法の多様性です。


<< 即日振込ならカードローン審査がスピーディー

更新情報・お知らせ

2017/03/12
カードローンはWEB完結申込を追加NEW
2017/02/25
銀行カードローン追加
2017/01/10
カードローンの申し込み追加
2016/01/10
クレジットカードの種類追加
2015/08/03
クレジットカードとは追加
2015/01/23
クレジットカードでお金を借りる
2014/10/31
ホームページリニューアル