銀行カードローンなら気軽にお金を借りることができる

銀行のカードローンの申し込みから審査基準までを分かりやすく解説しています!

銀行カードローンの上手な利用方法とは

最近、テレビCMや電車で広告をよく見る銀行カードローンですが、上手に利用すればとても便利なサービスです。 ローンや借金というと、ついネガティブなことのような気がしていまいますが、調べてみると利点もとても多いサービスなのです。 例えば、緊急な用事で現金が必要になったとき、病気や怪我で思ったより治療費がかかったときなど、お金は必要だけど、身内に借りたりするのは気が引ける場合は、カードローンを使うのが便利だといえるでしょう。利用方法も簡単です。

簡単な審査を受けて、もらうことのできるカードを利用することによって現金を近くのATMなどで受け取ることができます。 銀行系ですと少し審査も厳しくなりますが、たいていの場合、仕事に就いていれば審査は通る場合がほとんどです。 金利も他より少し安いのがメリットです。

他の会社でもいろいろなサービスを出していますから、比較検討して利用してみるのがいいでしょう。 できるだけ信用性の高い会社のカードがおすすめです。 返済についても、自動支払が普通ですが一括で返済することも可能ですし、借りるとき同様に近くのATMで支払えるのも手軽です。 それに、たくさん借りることはできないようになっていますので、ローン初心者には利用しやすいでしょう。 わざわざローン組むことはありませんが、もしもの緊急事態に銀行カードローンを利用するのは上手な利用方法だといえます。 しっかり返済計画を考えた上で借りるようにしましょう。

銀行カードローン申し込みの流れ

銀行カードローンでお金を借りるときの申し込みの流れを知りたい

カードローンの申し込みにはいくつかの方法がありますが、ここでは最近特に利用者が増えているウェブサイトからのオンライン手続きの流れについて説明します。 ウェブサイトからは24時間365日いつでも自分の都合の良い時に手続きができますし、わざわざ店舗に足を運ぶ必要もないので、とても便利な利用方法です。 申し込みの際にはまず、パソコンやスマートフォン、携帯電話などのネットを利用できる端末から利用したい銀行のウェブサイトにアクセスします。 次にウェブサイトから申し込みフォームに進み、審査に必要となる情報を記入していきます。 入力する項目は業者によって若干異なりますが、一般的には利用者の個人情報である住所・氏名・電話番号、そして生活状況として家族構成・居住形態・居住年数、さらに返済能力を知るための情報として勤務先・勤続年数・年収・借入希望金額を記入します。 入力が済んで情報を送信すると、確認の電子メールが届きます。

あとは業者の審査の結果を待つことになります。 審査時間は非常に短く、多くの業者ではその日のうちに結果が出ます。 審査の合否は電子メールや電話、書面などで送られてくるので、希望する方法を選びましょう。

審査に通過するとお金をATMから借りるために必要となるローンカードが発行されます。 このローンカードは契約書と一緒に後日郵送で送られてきます。 契約書にサインをして画像データで送信すると契約は完了し、カードローンが利用できるようになります。 是非活用してみましょう。

銀行カードローンの審査基準について

カードローンといえば、消費者金融を利用されている方、そして銀行カードローンを利用されている方もまた多くいらっしゃるものです。 どちらもサービス内容はよく似ていますが、それぞれ違った特徴を持っています。 まず、消費者金融には総量規制があり、年収の3分の1の金額までの借入となっていますが、銀行利用の場合は総量規制の対象外となっていますので、より限度額も多くなっておりまとまった金額を借入れたい場合にとても便利です。

さらに、利息も消費者金融に比べて安く済むことが多くなっています。 それゆえに、消費者金融よりもメリットが多くあるとも言えますが、やはり審査基準は気になるところです。 審査の内容は、まずは本人を確認し、そして年収や勤務形態、他社の借入状況なども審査されることとなり、すべての審査にクリアすれば融資が開始されます。 審査の内容も消費者金融と同じように行われていますが、銀行はより厳しく審査が行われる傾向にあります。

フリーターの方なども申し込みができることが多くなっていますが、やはり一定の基準を満たしていることが条件ですので、まずは申し込み条件をよく確認しておきましょう。 申し込みには担保や保証人は必要ありませんが、身分を証明できる書類が必要ですので、運転免許証や保険証などを準備しておきます。 小額の利用であれば、これだけで手続きが開始できますが、100万円越などある程度まとまった資金が必要になる場合は収入を証明する書類も必要になることが多いので、こちらも用意します。 審査結果は即日にも回答がくることが多く、その結果によって融資が行われるかどうかが決まります。

<< 前のページに戻る