クレジットカードとは

ポイントも貯まり、お金も借りられるクレジットカードの利便性

クレジットカードは、一枚持っているだけでも、暮らしが便利でお得になります。 ショッピングをするときも、現金がなくても支払いをスムーズに済ませることができるようになりますし、買い物の金額に応じたポイントが付与されるので、お得にポイントを貯めていくことができます。 ショッピングをするときに役立つ便利なカードでもありますが、お金を借りたいときにも、クレジットカードのキャッシングサービスが役立ちます。 カードの申し込みをするときに、キャッシング枠の希望を記して、申し込みをすることで、審査を無事通過すれば、キャッシングサービスも決められた金額内で利用することができるようになります。 急にお金が必要になることは誰にでも起こることではないでしょうか。 例えば、今月の生活が苦しく、次の給料日まで乗り切りたいときに、現金を借りることができれば安心ですし、深夜に財布にお金が入っていないことに気づき、帰り道で困ってしまった時もキャッシングサービスを利用すれば、無事自宅まで帰宅することができるようになります。 クレジットカードのキャッシングサービスは、ATMなどの機会でも利用することができるので、一人一人に合わせたタイミングで、いつでもサービス利用ができます。 最近は、コンビニATMも普及したので、24時間いつでもどこでも利用したいときに、キャッシングサービスを利用できるようになっています。 万が一の時のために、カードのキャッシングサービスにも事前に登録しておきましょう。

自分自身に合う目的別カードを選ぶためのポイント

自分に合ったクレジットカードはあるはずです。 それは、ポイントが多く溜まって使いやすいと言う点ではないでしょうか。 最近ではハウスカードが多くあって、例えばガソリンが値引きされる石油系、買い物するために便利なスーパーや百貨店のもの、ネットのモールでの買い物がしやすくポイントも、そのモールで購入すると通常の何倍と言ったサービスがあります。 それらを考慮して最大限のメリットを引き出すには、自身の消費性向を自分なりに分析して、目的別に精査する必要があるのではないでしょうか。 例えば、クレジットのほとんどがガソリン代になっている場合、通常のクレジットよりもポイント還元率や値引きが大きい石油会社系のカードでガソリンを入れたほうが、同じお金を使ったとしてもメリットは大きいでしょう。 ネットで買い物を多くする場合、気に入ったモールで特典が多いクレジットにしたら使いやすいし、多くのメリットや特典を享受することが出来ます。 そのためには、自身の消費性向をしっかり自身で把握して最適なものを選ぶ必要があるのではないでしょうか。 目的別に複数のクレジットになるかも知れませんが、それによって使いにくいと言ったことがなければ、複数枚作って自身でしっかり管理すべきです。 自身の消費性向をしっかり掴んだら、クレジットをネットなどで比較してその情報を仕入れるようにしてください。 これによって知識が深まり、目的別に沿ったクレジットを選ぶことができるでしょう。

就職したらクレジットカードはすぐに持てる?

キャッシングなどのローンの場合ですと、就職直後に借りるのは難しいと言われています。 審査の際の属性には、勤続年数という項目があり、1~2年くらいでは借りるのは厳しいのが現状です。 ひとつの職場に3年以上勤続していると、はじめて評価がプラスになるため、1~2年で転職を繰り返していると、お金を借りるうえで不利になってしまうのです。 クレジットカードに関しては、ローンの仲間という位置づけにはありますが、ローンよりも契約しやすく、就職直後でも契約できるケースが少なくありません。 クレジットカード業者側も、初就職の若者たちをターゲットにして積極的に宣伝しているところが多いのです。 クレジットの場合は、長くても12ヶ月以内の支払いになることが多いので、ローンと比べて支払いが楽で遅延しにくいというメリットがあります。 そのため、キャッシングの審査に通らない方でも、クレジットカードは問題なく通ることが多いのです。 初就職の直後は、クレジット契約をしやすい状態であるため、積極的に申し込みをしてみましょう。 最初はゴールドカードは避けて、クラシックカードを選ぶことがポイントです。 ゴールドはクラシックの利用年数がある程度長く、さらに遅延がない方を対象としたものが多いので、3年くらいはクラシックを利用して実績を積んで、それからステップアップするのが理想的です。 カードの所有枚数は、やみくもに作るのではなく、2枚以内に抑えておきたいものです。

<< クレジットカードでキャッシングする2つの方法

<< 前のページに戻る